2011年 04月 08日
平成23年度 東京都高校野球春季大会 日大三高 vs 都立葛飾野 1
日大三高 vs 都立葛飾野

センバツから帰ったばかりの日大三高。
昨年の春季大会はセンバツの疲れからか苦戦しましたが、今年の初戦は12対2と快勝しました。
先発投手は田中君、捕手は中平君、他のメンバーは甲子園と同じでした。
1回の攻撃は軟投派の投手にタイミングが合わず3者凡退しましたが、打線は好調で菅沼君、畔上君に本塁打が出ました。

田中君は肩の開きが早くフォームも安定せず、制球に苦しみ夏までに修正が必要でしょう。
代打で出場した関君は鋭いスイングをしていましたが、守備も含めてレギュラーとの差が感じられ控え選手の底上げが、優勝の条件になりそうです。

e0200922_02480.jpg




e0200922_022152.jpg




e0200922_024037.jpg




e0200922_025789.jpg




e0200922_03616.jpg




e0200922_032299.jpg




e0200922_034096.jpg




e0200922_035186.jpg




e0200922_04385.jpg




e0200922_041610.jpg




e0200922_042872.jpg




e0200922_0501.jpg




e0200922_051316.jpg




e0200922_052829.jpg




e0200922_054299.jpg




e0200922_054932.jpg




e0200922_06366.jpg




e0200922_061974.jpg




e0200922_064837.jpg


by BBphoto | 2011-04-08 00:08 | 野球 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 平成23年度 東京都高校野球春...      2011 4.7 西のカワセミ >>